模型やらマンガやらPC等々趣味三昧の雑談投げやり系放談
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前のブログで書いたように、DAICON IVの女の子の顔が今一つ気に入らないんです。
このフィギュア自体の改修も考えましたが、ここは一つ頭部のみ新規に製作した方が良いのではないかと考えました。

ただフィギュアの自作はここ20年以上手がけた事が無く、最近の造形方法で作るのは今一つ自信がありませんでした。
そこで、私も艦船スケールモデラーの端くれの一人なんだから、無理してやった事もない作成方法を使用せず、馴染みの深い艦船スケールキットの作成方法を使って作成する事にしました。

実は高校の頃、フジミの1/76のT-34の転輪を積層して(当時は気の利いたプラ丸棒など無かった)フィギュアのヘッドを作った経験がありました。そこで今回アオシマから出ている 1/700 WLS 戦艦扶桑を使用して作る事としました。
ようは、DAICON IVの女の子に似た戦艦扶桑を作る訳です。
これなら何とかなりそうです。

この扶桑、フネカン用に艦底部に30cmの伊勢型の艦底部を付ける為、WLS用の船底は必要ありません。そこでこのパーツを使用する事にしました。


アオシマ 1/700 戦艦扶桑(新金型版)フルハル化計画


まずはパーツを複数まとめます。


アルテコで隙間を埋めます。


ヤスリで頭のかたちに削り出します。


だいたい女の子の頭と同じくらいまでヤスリます。


鼻の部分にランナーに付いているパーツナンバー部分を切り取り接着します。


更にヤスリ掛けし修正します。


パテで修正し、形を整えていきます。

うーん、やっぱりなれない事は難しいのですね。この戦艦扶桑を最後まで作りきれるかどうか...

でも、これが完成出来たら、ハセガワの1/350の戦艦長門を魔改造して、初音ミクに似た戦艦長門を作ってみるのも面白いかもしれません。

本日はここまで。
続きは次週行う予定です。
スポンサーサイト
Mixiでは先月末の日記に載せていたのですが、WAVEの超時空要塞マクロスが出たときから DAICON IVのディオラマ作成を考えてました。

DAICON IVのオープニングアニメ

当時の熱く萌えたあの思いをオムニバス形式でディオラマ化したかったですし、それにDAICON IVの女の子は既にフネカンで作成してました。

DAICON IVの女の子(ガレージキット)

また、廻りのSF系のキャラクタ達はここ数年の食玩ブームで揃いそうだと思ってたからです。

で、ヤフオクでマクロスのスケールにほぼ等しいアルカディア号を入手し、ヤマトと共にマクロスの両腕をアームド1より換装して凶悪型に修正済です。


WAVEマクロス強攻型改造マクロス凶悪型

ただ昨年より体調不良で、それ以降の製作に対しなかなか意欲が出てこなかったのですが、今年の8月に手術をしたおかげで、体の方も復調し、天井裏の模型や食玩整理も出来るようになりました。その際、表記ディオラマ用に使えそうなキャラクタを物色しました。

一応出てきたのは、ウルトラホーク1号、ミレニアムファルコン、鉄人28号、インターセプタ、UFO、轟天号、ケムール人、バルタン星人、サンダーバード2号、メーサー車、ゴジラ、VF-1Jバルキリー、TOSエンタープライズ無印、ラムちゃん、エイリアンでしたが、その後ヤフオクやネットショップ、秋葉や中野のフィギュア専門店で、ドム、ズゴック、ゴック、ゾック、アッガイ、ザラブ星人、ジャミラ、シーボース、キングジョー、ダダ、レッドキング、エレキング、C3POとR2D2、ダースベーダ、トルーパー、スーパーマン、バットマン、スパイダーマン、ワンダーウーマン、サンバーバード2号、3号、5号、キューティハニー、ダイス船長、ジャイアントロボ、ダイナロボ等を購入しました。


捜したり買ったりして揃えたフィギュア

ケースも新規に業者に発注し、到着しましたので、マクロスと女の子などを配置してみました。


簡単に配置してみた。今後ディオラマベースを作ってきちんと配置する予定。

ただ、やっぱりケースの大きさからして、5cm以上のものが多いと手狭になってしまうので、ボトルキャップ系のものを集め出しました。


ボトルキャップだと良い大きさです。R2D2も欲しいな。


ユージンの食玩を入手したけど、結構大きい。特にTB2はコナミと同じくらい。使えるのは3号だけですね。


特設系もボトルキャップや別シリーズの方が良いようです。

で、製作に入る前にどうしても気に入らない事が1つ....
実は、DAICON IVの女の子の顔が気に入らないんですね。
で、頭部のみ新規作成する事にしました。(次回に続く)

「第47回 全日本模型ホビーショー」の後、1/350戦艦長門を購入、また1/700フルハル大和型の修正スクリューが来ましたのでご報告です。

■ 1/350 戦艦長門購入
 馴染みの模型店に頼んでいたハセガワの1/350戦艦長門が入ったようなので10/20に引き取りに行きました。
 やあ、やっぱりデカイですね。エッチングは後日にして本体のみを購入しています。


 段ボールごと買ってきた1/350の長門。車じゃなきゃ持って買える記しないですね。


 段ボールから出したパッケージ。


 パッケージを開けると巨大な船体が..確かに今までの艦船模型と比較するとモールドにとまどいますね。サフ吹きはどのくらいの番手で行おうかな?


 ふんだんに入っているパーツ類。すげ~


 カラーの巨大な図面入り。


 初回特典として1/32 の山本五十六大将が入ってます。

■ フジミ 1/700 フルハル大和型用修正スクリュー
ホビーショー時、フジミのブースで頼んでいたフルハル版戦艦大和型用修正版のスクリューが届きました。けっこう律儀に対応してくれますね。好感度アップです。


 スクリューパーツ丸ごと送ってきました。


 発売当初はスクリューの向きが全て同一でしたが、新パーツはスクリュー軸の向きが修正されています。って、これ新旧逆のような気が....

以上でレポートを終了します。
「第47回 全日本模型ホビーショー」レポート、今度はチラシ・購入物・貰い物編です。


 ハセガワのブースで貰った1/350の長門の解説書とセールスマニュアル。やっぱり力の入れ方が違います。


 アオシマのブースでは1/350重巡高雄型、1/700WLS軽巡川内型、1/700フルハル駆逐艦陽炎型のパンフを貰いました。


 フジミブースに置いてあった1/700特設給油艦のチラシ


 同じくフジミブースの 1/350まるゆのチラシ


 A-ONEがインクジェット用のマテリアルを宣伝してました。これはステッカーやヴィネットシールを作れるインクジェット用の用紙です。


 同じくA-ONEのインクジェット用デカールシール。ただし顔料系は不可...orz


 11/24 発売の電撃スケールモデラーでは艦船特集だそうです。


 タミヤのブースで買った 1/700 船員エッチングパーツ。


 このエッチングは彩色済ですが...できれば旧日本帝国海軍のものを出して欲しかった...


 タカラトミーのブースでアンケートに答えるとそれいけ!女性自衛官の下敷きが貰えました。

チラシ・購入物・貰い物編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回は最後、1/350戦艦長門購入及びm1/700フルハル大和のスクリュー編です。

「第47回 全日本模型ホビーショー」レポート、今度は連斬零戦・それいけ!女性自衛官・FunnyKnights編です。

■ 連斬零戦
 タカラトミーから今年の年末に発売予定の1/48の連斬零戦です。レシプロ機は詳しくないんですが、中身までびっしり作り込まれており、透明の胴体も欲しくなりますね。ハセガワとの共作の為、ハセガワのブースにも飾ってありました。


 連斬零戦(ハセガワブース)


 連斬零戦(ハセガワブース)エンジン・コックピットは元より内部の桁配置までびっしりと作り込まれてます。


 連斬零戦(ハセガワブース)


 連斬零戦(ハセガワブース)


 連斬零戦(タカラトミーブース)自転車も付いてます。


 連斬零戦(タカラトミーブース)整備台も付いてます。

■ それいけ!女性自衛官
 シリーズ好調な「それいけ!女性自衛官」シリーズは遂に第3弾航空自衛隊編と第4弾陸海空自編IIが出ます。第3弾はピットロード社からの発売となるのか、ピットロードのブースのみの展示、陸海空自編IIはタカラトミーブースのみの展示でした。第4弾はキャラクタのデザイナーが変わるようですね。


 既存のそれいけ!女性自衛官シリーズ。関連メディアも展示されてます。


 それいけ!女性自衛官 ver 2.0


 それいけ!女性自衛官 ver4.0 イラストレーターが変わります。


 それいけ!女性自衛官 ver4.0 原型


 それいけ!女性自衛官 ver3.0 (ピットロードのブース)

■ FunnyKnights
 アオシマから発売されているFunnyKnightsシリーズのルディとコル姉です。...ああ、次作のペトラさん撮ってない...orz。キャラクタデザインは山下しゅんや氏、原型制作は私も所属している「あらあらこまった堂」のモデラーT氏です。ちなみにルディの持っている剣は某1/700のインジェクションキットの原型を作った方だとか...


  ルディ


 ルディ


 コル姉


 コル姉

連斬零戦・それいけ!女性自衛官・FunnyKnights編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回はチラシ・購入物・貰い物編です。

1週間のご無沙汰です。「第47回 全日本模型ホビーショー」レポート、今度はウィングクラブ・トラペ・プラッツ編です。

■ ウィングクラブ
 ウィングクラブでは大型の艦船模型の展示を行ってました。1/144と今回新規に 1/350がラインナップされてます。でも1/350の大和で 168,000円で、タミヤの完成品大和より高いですね。しかしながらタミヤ版よりディテールも考証も進んでますので、作る暇はないが金は潤沢にある方ならこちらのキットを選んだ方が良いでしょう。もっとも場所もあるなら1/144を選んだ方が良いかも。尚、1/72の伊号400も飾ってあったのですが撮ってませんでした...orz


 1/144の戦艦大和(奥)と空母飛龍(手前)


 1/144の戦艦大和


 1/144の大和の中央部


 1/350の戦艦大和(奥)と空母赤城


 1/350戦艦大和拡大

■ トランペッター
 大陸系メーカーは今年も元気でした。遂に 1/350でフランス戦艦リシュリューとアラバマが出るようです。


 1/350 フランス戦艦リシュリュー(奥)と巡洋艦サンフランシスコ(手前)


 1/350 戦艦アラバマ

■ プラッツ
 プラッツからはドラゴンのアンティータムが出ます。(というよりもう出ている)。その他 1/2000の戦艦大和が限定追加販売されました。あと私的に船つながりで好きなスタートレックシリーズが充実しています。


 1/700 米空母アンティータム


 スタートレック系はメタルモデルが充実します。


 追加限定生産された1/2000戦艦大和


 スタートレックシリーズは統一スケールの製品が出るようです。そうそう、AMT の 1/72のXB-70バルキリーが再販されるようです。

ウィングクラブ・トラペ・プラッツ編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回は連斬零戦とそれいけ!女性自衛官・FunnyKnights編です。

「第47回 全日本模型ホビーショー」レポート、今度はフジミ・ピットロード編です。

■ フジミ
今回1/700 特設給油艦「極東丸」「東邦丸」「日本丸」と1/350の「まるゆ」を発表したフジミでは、更に1/350の戦艦金剛の船体を展示していたようです。残念ながら金剛の展示は業者日だけで、一般公開日には引き上げてしまいましたが、まだ金型すら出来ていない状況との事です。
ところが肝心の特設給油艦は、船体部とエッチングのみ、まるゆはパンフが置いてあるだけで、年内にホントに出せるんでしょうか?とはいえ、面白いアイテムなので出たら是非とも購入したいですね。
尚、特設給油艦もまるゆもエッチングが標準で付いているようですし、まるゆの初回特典には1/700のまるゆも付くとの事です。


 1/700 特設給油艦、船体部とエッチングのみ出来てます。


 1/700 特設給油艦その2。まるゆはパンフだけでキットの展示はありませんでした。


 1/350 の金剛船体は残念ながらありませんでした。ただ箱絵?らしきものが壁面に堂々と飾ってありました。尚、受付ではフジミのフルハル大和型のスクリュー修正パーツの送付受付を行っていました。

■ ピットロード

いつもならがら新規開発の艦船模型の大量展示でしたが、今回の目玉はやはりフランス戦艦リシュリュー級でしょう。今回はジャンパールも飾ってありました。既にパーツ類の展示もあり、予定通りの製品化になるのではないかと思います。


 1/700 フランス戦艦リシュリュー級


 1/700 奥がリシュリュー 1943、手前がジャンパール 1955


 1/700 リシュリュー級のパーツの展示


 1/700 イギリス巡洋戦艦フッド 1931


 1/700 米重巡ニューオリンズ、アストリアとロシア巡洋艦マーシャル・ウスチノフ


 1/700 米重巡ニューオリンズ、アストリアとロシア巡洋艦マーシャル・ウスチノフその2


 アストリアのパーツ


 1/700 駆逐艦陽炎、夕雲のフルハル版と海保のくりこま


 1/700 米核推進空母セオドアルーズベルト


 1/700 イージス護衛艦 あたご


 1/700 輸送艦おおすみ(完成品)


 1/350 イージス護衛艦みょうこう


 1/350 イージス護衛艦みらい(ジパングより)


 1/700 赤城、飛龍、1/350高雄型のエッチングが展示。

フジミ・ピットロード編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回はウィングクラブ・トラペ・プラッツ編です。
「第47回 全日本模型ホビーショー」レポート、今度はアオシマ・タミヤ編です。

■ アオシマ(アオシマ文化教材社)
1/350の高雄型重巡で艦船モデラーの期待を集めているアオシマはショーブース中央前面に。艦船模型を展示して気を吐いてました。


 1/350 重巡愛宕(11月発売予定)


 1/350 重巡摩耶(12月発売予定)


 重巡摩耶 その2


 重巡摩耶艦橋部アップ


 実は初回特典として水密扉が付くとの事。これが高雄や鳥海より値段が上がった訳らしいですね。愛宕用が艦構造物用の水密扉で、摩耶用が甲板上の水密扉。両方必要な方は2個ずつ買う必要があるとの事です。(オイオイ) 尚、担当のY氏は、日本の重巡は全て1/350で出したいと意欲を語ってました。でも、最上型は船体二つ作らなきゃならないしなぁと悩んでましたが...


 1/700のWLS 軽巡川内・神通
 もう少し写真を撮ってはいたのですが、全滅でした。
 でも個艦別にいろいろと手を加えているようで、発売が楽しみです。


 1/700 フルハル版駆逐艦陽炎型
 甲板及び船体を新パーツにてリニューアルした陽炎型が発売されます。


 発売されるのは雪風(1945)と磯風(1945)


 フルハル陽炎型その2


 フルハル陽炎型その3


 フルハル陽炎型その4

■ タミヤ
 タミヤは1/700 WLSで、イギリス巡洋戦艦レパルスと、軽巡阿武隈を出品していました。
 さすがにタミヤだけあってカッチリした出来です。が、軽巡で2200円かぁ....でも買うんだろうなぁ。


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルス


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルスその2


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルスその3


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルスその4


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルス塗装図


 1/700 WLS 巡洋戦艦レパルスパーツ


 1/700 WLS 巡洋戦艦阿武隈


 1/700 WLS 巡洋戦艦阿武隈その2


 1/700 WLS 巡洋戦艦阿武隈その3


 1/700 WLS 巡洋戦艦阿武隈 パーツ

アオシマ・タミヤ編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回はフジミ・ピットロード編です。
2007年10月11日から14日まで幕張メッセで開かれた「第47回 全日本模型ホビーショー」に行ってきましたので、艦船を中心にレポート致します。
ただし、ハセガワの1/350 秋津洲、アオシマの 1/144 の雪風は完全に見逃し、ウィングクラブの1/72 伊号400 は写真を取り忘れ、フジミの1/350の金剛型は一般日に船体を引き上げてしまい見る事が出来ず、チョイと消化不良で申し訳ないです。

■ ハセガワ
 今回一番の注目株は、なんといってもハセガワ 1/350 の戦艦長門でしょう。やはり人だかりも多かったですね。

 人だかりが多かった長門の展示ブース前


 完成品展示。尚船体モールドは改修前です。


 オマケの山本五十六。少しピンボケです。


 改修後の船体。不評のモールドは0.3mmから0.07mm へとなりましたが、まだうるさい感じです。ただモールド自体は浅くなってますので、サーフェーサーを吹けばあまり目立たなくなるとの事。またモールドパターンは呉の大和ミュージアムから提供して貰った長門の図面を参考にしたもので、正確なパターンだという事です。


 艦橋構造物と煙突部


 ここでは実際に手にとって見る事が出来ました。


 主要パーツ


 別売ディテールアップパーツを組み込んだ艦前半部の状態


 同じく組み込んだ状態


 別売ディテールアップパーツを組み込んだ艦後半部の状態


 ディテールアップパーツ スーパー


 ディテールアップパーツ エッチングベーシックB


 パッケージ(デカイ)


 長門の展示ケースも発売されます。


 ハセガワブランドでレベルのビスマルクが発売。


 ビスマルク その2


 このビスマルクにはプラ製の手摺りが付くようです。


 同じくレベルの Uボート VIICが発売されます。


 レベルのUボート VIICその2


 その他にも 1/350の艦船群が展示されてました..が、秋津洲を撮らなかったのはウッカリしてました...orz

長谷川艦船編終わり

大きめの写真は、下記URLに掲載しています。

http://www.watakan.com/special/2007model_show/

次回はアオシマ・タミヤ編です。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 雑談の「ま」 all rights reserved.
プロフィール

ワタ艦

Author:ワタ艦
ワタ艦というサイトを運営しているワタです。
http://www.watakan.net/

タカラの浴玩「世界の艦船」シリーズの解説書イラストを担当させて頂いき、これまでに「世界の艦船 第4、5弾」と「世界の艦船スペシャル 亡国のイージス、「男たちの大和」、「パスカルメイジ」、「日本沈没:しもきた」、「海上自衛隊潜水艦史」、「空想科学潜水艦史」を担当させて頂きました。

また、モデルアート社の「1/10日本海軍戦艦大和」や、Modeling Guide「日本海軍戦艦大和」でもイラストや記事を書かせて頂いてます。

その他に毎年8月末に船の科学館でフネカンというイベントを行う予定ですので是非遊びに来て下さい。

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。